<< 服飾デザイナー、夢は店舗と自分ブランド | main | 食生活アドバイザー、知れば知るほど興味が湧く >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.01.24 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    シューズデザイナー、無いものは自分で作ってしまえ

    0
      シューズデザイナーという仕事をご存知でしょうか?

      今回、登場していただくCさんは自身のこんな悩みから
      シューズデザイナーを職業として選んだそうです。

      その悩みとは靴選びです。

      好みのデザインの靴が見つかったと履いていみると
      これがしっくり来ない、反対に履き心地は抜群でも
      デザインがねぇ〜、・・・女性ならこんな経験がある人は
      けっこう多いかもしれませんね。

      中には、自分の脚の形が原因で女性らしい可愛い靴を
      履くのを諦めている人もいるかもしれません。
      スニーカーでいいや、という具合に。

      ここでCさんは考えました。
      世の中に自分好みの靴がなければ自分で作ってしまえばいい、
      と。

      これがシューズデザイナーになるキッカケでした。

      現在はその一歩としてメーカーでブランド担当している
      Cさん、ブランドイメージと履き心地をどう折り合わせるかが
      目下の悩みだそうです。

      上司と意見が食い違う事も度々あるようですが、Cさんの
      モットーは”履く人に優しく、健康的で美しい靴を”なので
      ちょっとやそっとじゃへこたれません。


      世の中に無いのなら自分で作ってしまえ、という発想が
      素晴らしいですね。
      アイデア商品と呼ばれるものは主婦が生活の中で
      『こんなものがあったらいいなぁ、便利だなぁ』と思ったモノが
      多いです。

      自分の悩みを解決できるような職業に就くというのも
      情熱を注げられるのではないでしょうか?


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.01.24 Thursday
        • -
        • 09:54
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        みんなで学ぶネットスクール
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM