<< 理学療法士、人の役に立つという事 | main | 脚本家、コネクションは大切だ >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.01.24 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    作業療法士、大切なのは患者と真摯に向き合う事

    0
       前回は理学療法士の方の声を紹介したので、今回は
      混同しがちな作業療法士の方の声を見てみましょう。
      (作業療法士についてはこちらの記事をご参考に⇒ ココ


      福祉系の大学を卒業したLさんは、在学中に体験実習で訪れた
      老人福祉施設に就職しました。
      大学で学んだ知識や技術を活かそうと期待を持って就職したわけですが、
      現実は教科書通りには行きませんでした。

      最初の壁は患者さんとどうコミュニケーションを取るか、です。
      言われれば当たり前ですが、人間一人ひとり違います。
      Aさんへの接し方が必ずしもBさんに通じるわけではありません。
      Lさんは最初の壁にぶち当たりました。


      壁の突破のキッカケは先輩たちの仕事ぶりです。
      先輩達がどのように声を掛け、コミュニケーションを取っているのか
      つぶさに観察しました。
      そして先輩たちを真似て患者さんと接するうちに
      少しずつですが、円滑なコミュニケーションが出来るようになりました。

      Lさんの脳裏には先輩に言われた次の言葉が焼き付いています。
      『’してあげる’のではなく、’ともにがんばろう’』
      という言葉です。

      この言葉を聞いた時、胸の中のモヤモヤがスッキリしたそうです。


      社会に出れば教科書がいかに役に立たないかが分ります。
      20世紀はマニュアル人間が重宝されたわけですが、21世紀は
      自分で考え行動できる人が求められています。




      スポンサーサイト

      0
        • 2013.01.24 Thursday
        • -
        • 19:07
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        みんなで学ぶネットスクール
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM