スポンサーサイト

0
    • 2013.01.24 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    PRプランナーがヒット商品を生み出す!

    0
      日常的にPR(ピーアール)と言う言葉が使われていますが、
      PRって何の略だか存知ですか?

      Public=公共
      Relations=相互取引

      つまりは一般大衆に向けた企業の広告(働きかけ)です。


      PRプランナーとはそれを計画立案する人です。


      PRプランナーになって3年目のMさんは
      仕事のやりがいをこう語ってくれました。

      「会議で出したアイデアが採用された時の
       高揚感と手ごたえは何にも代え難いです」

      と。
      企業の新商品や新サービスを世の中にどう
      アピールして認知してもらうのか、そこにはマニュアル的な
      答えは一切ありません。


      PRが成功すれば世の中でどうヒットしていくのかを
      見る事ができます。

      「株主総会や商品の見本市の前には残業や休日出勤が多くなりますが、
       それは産みの苦しみだと割り切っています」

      屈託なく笑うMさん。

      その視線の先には世の中にイノベーション(革新)を起こすような
      商品・サービスを送り出したい、という情熱に溢れていました。


      成熟社会の中では「PR戦略」が本当に重要だと
      思います!









      福祉住環境コーディネーター、住環境には幅広い視野を持って

      0
        元々はインテリアコーディネーターを目指していたという
        Tさんは、
        「福祉関係の仕事にも興味があったので」
        と、福祉住環境コーディネーターの資格試験にチャレンジ
        しました。


        現在は中堅の住宅メーカーでお客様に対して
        設計面からのアドバイスを 担当しています。

        住環境というのは人が生きていく中でも
        最も重要なものの一つではないでしょうか?

        福祉住環境コーディネーターの資格の勉強をした事で、
        高齢者の方だけでなく幅広い年齢層(それこそ乳幼児まで)
        の方に対して広い視野を持ってアドバイスができる
        ようになりました。


        『合格したのは基礎の3級ですが、今後は2級・1級と
        スキルアップを図りたいです!』

        とTさんは語ってくれました。


        ◎資格試験の勉強が人助けに!◎


        ココナラ’という自身が持つ経験やスキルを
        販売する事ができるサイトがあります。


        ワンコイン(500円)とは言え、そういうのが
        お金になる時代になったんですねぇ〜

        資格って取ってしまうと、それまで勉強した知識が
        どんどん忘れていってしまうものではないでしょうか?
        もちろん仕事上で役立つ知識はあるけれど、勉強したこと
        全てが必要な事は稀でしょう。

        つまり、勉強中が一番その資格について知識を
        有しているという事になります。


        そんな知識をその知識を必要としている人に
        販売する事が出来る(個人間取引)サイトが
        ココナラです。

        興味がある人はリンク先のブログ記事を読んでみて
        下さい。




        福祉住環境コーディネーター、住環境には幅広い視野を持って

        0
          元々はインテリアコーディネーターを目指していたという
          Tさんは、
          「福祉関係の仕事にも興味があったので」
          と、<strong>福祉住環境コーディネーターの資格試験</strong>にチャレンジ
          しました。


          現在は中堅の住宅メーカーでお客様に対して
          設計面からのアドバイスを 担当しています。

          住環境というのは人が生きていく中でも
          最も重要なものの一つではないでしょうか?

          福祉住環境コーディネーターの資格の勉強をした事で、
          高齢者の方だけでなく幅広い年齢層(それこそ乳幼児まで)
          の方に対して広い視野を持ってアドバイスができる
          ようになりました。


          『合格したのは基礎の3級ですが、今後は2級・1級と
          スキルアップを図りたいです!』

          とTさんは語ってくれました。


          <h4>資格試験の勉強が人助けに!</h4>

          ココナラ’という自身が持つ経験やスキルを
          販売する事ができるサイトがあります。


          ワンコイン(500円)とは言え、そういうのが
          お金になる時代になったんですねぇ〜

          資格って取ってしまうと、それまで勉強した知識が
          どんどん忘れていってしまうものではないでしょうか?
          もちろん仕事上で役立つ知識はあるけれど、勉強したこと
          全てが必要な事は稀でしょう。

          つまり、勉強中が一番その資格について知識を
          有しているという事になります。


          そんな知識をその知識を必要としている人に
          販売する事が出来る(個人間取引)サイトが
          ココナラです。

          興味がある人はリンク先のブログ記事を読んでみて
          下さい。




          ケアマネージャーを目指すきっかけとなった出来事

          0
            『両親が共働きだったので、幼い時はほとんどの時間を
             祖母と過ごしていました。
             私が高校生の頃、祖母が大病を患い私が中心となって
             看病する事になってんです。』

            お婆ちゃん子であり私はお爺ちゃん・お婆ちゃん世代の
            人との会話が大好きだったKさんは高校卒業後は
            介護の専門学校に通い卒業後は派遣のホームヘルパーとして
            働く事に。


            が、働き始めて5年ほど経った頃、体調を崩してしまい
            満足のいくケアサービスの提供が困難に!
            止むなくヘルパーの仕事は退職してしまったけど、
            介護業界で働きたいという思いは消えませんでした。

            そこで目指したのがケアマネージャーです。

            ケアマネージャーとしての私の役割は
            ”受けられるケアサービスの範囲内で最適な
             ケアプランを作成する事”
            です。

            老人福祉施設に勤務し、利用者の方のケアプランを
            作成しているKさんは、
            『現場は離れたけど、とても遣り甲斐のある仕事です。』
            と話してくれました。



            介護福祉士、心が通い合う瞬間の喜び

            0
              三世代同居の家庭に生まれ、祖父母に可愛がられて育った
              というAさん。
              『将来はお年寄りのお世話ができる仕事に就きたい』
              との思いから、高校卒業後は福祉関係の専門学校に
              進学しましたそうです。

              実際に介護実習に行った時は、
              『教科書通りにはいかないなぁ』
              と現実の厳しさに四苦八苦してしまったようですが、
              先輩方の姿や励ましの言葉に勇気づけられ、何とか介護福祉士
              資格を取得することが出来ました。


              現在は介護付有料老人ホームの職員として
              ハードな毎日をおくっています。
              確かに仕事はハードえ思い通りにいく事はなかなか
              ないけれど、”心が通い合う確かな実感”を得る事もあり
              充実とやりがいを感じています。

              ホームヘルパー、介護の世界で働くという事

              0
                現在、最も”食いっぱぐれのない資格”と言えば
                ホームヘルパー(訪問介護員)かもしれません。

                世界に類を見ないスピードで高齢化が進む日本、
                高齢化率が25%=4人に1人が65歳以上という時代が
                直ぐそこまで来ています。

                医療の進歩により世界の冠たる長寿社会を誇っていますが、
                その一方で’寝たきり生活’を何年も送っている現実があります。

                世間一般では3Kのイメージが強い上に低賃金の
                職業であるホームヘルパーですが、誰かがやらなければ
                ならないのもまた事実です。


                40歳を超えてからこの厳しい世界に飛び込んだUさんの
                体験談を紹介します。

                Uさんがホームヘルパーの養成講座を受講したキッカケは
                『将来、家族に介護が必要になった時のためにと
                軽い気持ちで』
                という事でした。

                夫と子どもが2人いるUさん、年齢的な心配が多少あったそうですが、
                同じ受講仲間と共に切磋琢磨しながらホームヘルパー資格の2級を
                取得しました。

                ホームヘルパー講座では介護の知識だけでなく、多くの
                実習もあり介護技術の奥深さに感心したそうです。


                資格取得後は講座の主催会社が運営している派遣会社に
                登録し、週に3〜4日、訪問介護の仕事をしています。


                介護を受ける人は十人十色、症状や性格は当然ながら
                みんな違います。
                中でも体格の大きい人の介護は実習で習った事を
                実践してもなかなか大変で苦労するそうです。


                でも、介護をしながら『ありがとう』の一言を聞くと
                そんな苦労も吹っ飛びます、と笑顔で語ってくれました。


                離職率の高い介護の世界ですが、
                人の役に立つ仕事がしたい
                と考えている人にはチャレンジしてもらいたいですね。




                翻訳とジクソーパズルとベストセラー

                0
                  専門学校を卒業後、出版・映像翻訳家として活躍する
                  Uさん、一般人には馴染みの薄い職業ですが一体どんな
                  悩みがあるんでしょうか?


                  『自分が翻訳した文章は、読めば読むほど手直しをしたくなります。
                  原稿を仕上げた時点ではこれ以上の翻訳は出来ないなぁ、と思って
                  担当編集者に渡すんですけど、校閲をする段階で『しまった!?』と
                  後悔する事があるんですよぉ〜』

                  Uさんははにかみながらインタビューに答えてくれました。
                  期限が決まってい中、いかに完璧に近づけるかが今後の課題だとUさんは
                  言います。

                  翻訳を作業をしながら悩みに悩んで一日で数行しか出来なかったという
                  日もあるようです。
                  孤独との戦い・・・物語の登場人物をイメージして性格や口調を
                  設定していく作業は楽しいもの、自分が訳した訳語が申し分なく
                  ピタッとはまった時のそう快感は格別なもので、翻訳家になって
                  よかったと思える瞬間です。

                  今の目標は自分が訳した書籍がベストセラーとなって全国の
                  書店で平積みになることです!

                  Uさんの目は輝いていました。

                  翻訳の仕事、それはジクソーパズルを完成させるようなのかも
                  しれないなぁ。
                  小さなピースを一つ一つ当てはめていき一つの完成を仕上げる
                  地道な作業です。

                  コツコツと諦めずに作業を進めていく根気と集中力、そして
                  自分が翻訳した作品を多くの人に見てもらいたい!そんな人に
                  向いている仕事なんだろうなぁ。



                  社会福祉士になっての仕事の喜び

                  0
                    社会福祉士になって7年目のOさんは
                    インタビューにこう答えてくれました。

                    『人が困っている時に役に立てる、誰かが自分を必要として
                    くれるというのは、幸せなことだと思います。』

                    人は一人では生きられない、とはよく聞く言葉だけど、
                    実際には困った時でないとその事に気付かないものかもしれませんね。


                    人生に絶望し、気が滅入るようような境遇に置かれた人と
                    何度もカンファレンス(ケアの方針を立てる合同会議)を行います。
                    この状態からどうすれば抜け出す事ができるのか?相談者と
                    一緒になって解決策を模索しているうちに段々と意固地になっていた
                    相談者の心に変化が表れてくる。

                    そんな瞬間を感じた時、社会福祉士になって良かったなぁ、
                    と心の底から思います。

                    人の人生は十人十色、色んな人との出会いは本当に
                    勉強になりますよ!


                    はり師・きゅう師、西洋医学への疑問

                    0
                      薬というのは時にして毒にもなりえますよね。
                      特に効果の高いとされる薬はもろ刃の剣で
                      効果が高ければ高いほど副作用も強い傾向にあります。

                      その最たるものが抗がん剤ではないでしょうか?
                      日本人の脂肪率ナンバーワンは言わずもながですが”ガン”です。
                      そのガン治療に効果を発揮するのが抗がん剤なわけですが、
                      その副作用も一般的によく知られています。
                      髪の毛が抜け、激しいおう吐に襲われ、倦怠感に苛まれます。


                      そんな西洋医学を疑問に感じ、東洋医学を学んでいるうちに
                      その魅力にはまり、とうとうはり師きゅう師国家資格
                      取得してしまったのがKさんです。

                      現在Kさんはとある東洋医学の治療院で働いていますが、
                      将来は独立したいと計画をなっています。

                      治療院で働いていて気付いた傾向として、女性の患者が
                      増えていると感じているそうです。
                      だから、女性でも気軽に利用できるリラクゼーションルームを
                      開業して、そこでは鍼や灸だけでなくマッサージや
                      アロマテラピーも施術に組み入れたいと考えているそうです。

                      人間が本来持っている自然治癒力を高め、健康に悩む人を
                      一人でも多く緩和してあげたいんです!
                      Kさんの目は輝いていました。

                      西洋医学への疑問からKさんの現在があります。
                      疑問がある所に需要がある、あなたは日常生活で
                      どんな疑問を感じていますか??


                      女性に大人気の医療事務、ライフスタイルの変化に合わせて

                      0
                        医療事務の資格を取得しようとしたキッカケは
                        結婚したパートナーが転勤の多い職種だったからです。

                        以前から、医療事務はライフスタイルに合わせて
                        働く事の出来る資格と聞いていたので、引っ越しをしても
                        再就職できるようにチャレンジしました。


                        現在は某内科クリニックに務めて2年になります。
                        地域密着のクリニックなので患者さんとも顔なじみで
                        毎日楽しく働いています。

                        院長先生もとっても優しい方で、ここのクリニックでは
                        お昼休憩が90分もありそのうちの30分は昼寝を
                        推奨しているんです!
                        このくらいの昼寝をすると午後も頭がスッキリとして
                        働く事ができます。


                        同僚に聞いても医療事務の資格はとても重宝していて
                        資格と経験があれば退職しても比較的就職がしやすいと
                        口々に話しています。

                        結婚・出産・子育てとライフスタイルが変化しても
                        医療事務の資格を持っていれば鬼に金棒ですかね(笑)




                        ≪関連サイト≫
                        医療事務のやりがい
                        医療事務の資格をゲット(携帯サイト)




                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        PR
                        みんなで学ぶネットスクール
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM